35歳以上の高齢初産のリスクとは?

35歳以上の高齢初産のリスクとは?

35歳以上の初産婦は、出産に伴うリスクだけではなく、赤ちゃんにかかる負担も大きくなるということを自覚したうえで、
妊娠を決めることが大切です。

 

自分で体調管理や栄養管理を徹底して、病気になりにくく赤ちゃんへの負担も減らせるように生活していくことが大切です。

 

35歳以上の初産婦は、
赤ちゃんに障害が出てしまうリスクや出産に伴うも高くなると言われています。

 

高齢出産のリスクは、
どのようなものがあるのでしょうか?

 

高齢出産のリスクは、妊娠中に病気になりやすいということです。
高齢妊娠は、赤ちゃんへの負担だけではなく母体にも負担が大きくかかり、
体調を崩しやすく病気になりやすいのです。

 

特に、血圧が高くなり、尿にたんぱくが出たり全身にむくみが出るなどの症状で悩まされることも多くあるようです。

 

また、帝王切開や妊娠高血圧症候群にもなりやすく、
糖尿病や子宮筋腫、卵巣に腫瘍ができるなどの病気にかかる確率も高くなると言われています。

 

さらに、流産や早産、難産になる確率が高くなり、
先天性異常やダウン症のリスクも高くなるのです。

 

35歳以上の初産だと出産に伴うリスクが上がり、心配される病気も多いので、
出産を諦めようか悩む方は多いです。

 

しかし、35歳以上の初産婦全員に異常が表れることではなく、危険を回避する方法もあるので、出産を諦めず前向きに考えていき乗り越えていきましょう!

 

35歳以上の初産婦は、出産に伴うリスクだけではなく、赤ちゃんに負担がかかるということを自覚したうえで、自分の体調管理や栄養管理を徹底していくことが求められるのです。