不妊治療は早くはじめる!その理由とは!?

不妊治療は早くはじめる!その理由とは!?

女性も男性も不妊治療は早いに越したことはありません。

 

特に女性は生まれてからずっと普通に健康に過ごしていても自然と卵子が減少してしまいます

 

生理が始まると月に1000、年間1万個以上減ってしまうからです。

 

年齢とともに妊娠確率が低くなる!?

 

女性は年齢と共に卵子の数が減少していきます。
数だけではなく、残念ながら少しずつ質も悪くなる(老化現象)も始まってしまいます
ただし、質に関しては個人差があるので若い女性であっても質が悪くて妊娠しにくいという方もいます。

 

どんな年齢の方であっても流産することがあります。
その確率は年齢と共に上がっていき、40代にもなるとおよそ4割ともいわれています。

 

この原因は先天性のものが多く、一概に母親が悪いとも言えません。
染色体異常を防ぐためには葉酸を始めとしてしっかりと栄養補給をしていきたいですね。

 

個人差があるので決め付けるわけにはいきませんが、一般的には日本に限らずどこの国であっても女性は42歳くらいまでがタイムリミットという基準があります。

 

できれば30代と言う医師が多いのです。

 

これはやはり医学的根拠があって言っていることなので悪意はありません。
そのため不妊治療の補助もこの年齢と同じ時期まで出る仕組みになっています。

 

不妊治療はできるだけ早めに!

 

 

体外受精、顕微授精の成功確率も40歳をこえると5%以下まで下がってしまいます。
不妊治療はできるだけ早めにというのは出産の時のリスクももちろん考えています。

 

無事に妊娠できても通常分娩が難しく、帝王切開になることも多く、その後の子育ても体力的に難しくなってきますよね。
お金だけでは乗り越えられないこともあると認識しましょう。

 

今は結婚する年齢も晩婚化が多いため、結婚した時点で35歳をこえていることも珍しくありません。
結婚してすぐ妊活、不妊治療というのも慌ただしいかもしれませんが仕方ないことです。

 

数年たってからスタートして後悔するよりは思い立った時にすぐにスタートしておくのがおすすめです。
結婚する前に検査をするカップルもいるくらいなので、時間がある時に二人で検査しておくのが無難かもしれません。