2人目の場合は35歳以上の出産でもリスクはないの?

2人目の場合は35歳以上の出産でもリスクはないの?

35歳以上で2人目を出産するとなると、経産婦扱いで安心されがちですが、
染色体異常や先天性異常のリスクは変わらず、年々高くなっていきます。

 

経産婦は、妊娠時の生活や出産の流れを理解しているので、
出産がゴールではなく産後の計画も考えることができ、心にゆとりをもって生活することができます。

 

35歳以上の初産は、母子ともにリスクがあると言われていますが、
2人目の場合になると、リスクは減るように感じます。

 

2人目以降の出産であれば、
35歳を過ぎていても高齢出産の対象として見られないケースは多く、

 

初産ではなく経産婦だから問題ない!

 

と思いがちですが、母体と身体的な負担が初産時に比べて少なくなるだけで、
実は、初産でも経産婦でも、赤ちゃんの染色体異常や先天性異常・奇形のリスクは変わらないと言われているのです。

 

1人目を出産し、3~4年間を開けてしまと、子宮の広がりや子宮口の開きやすさ、骨盤の柔軟性は薄れてしまい、初産と大して変わらない負担がかかってしまいます。

 

1人目から1~2年の間に2人目の出産をすれば、
ブランクなくスムーズな出産をすることができるようです。

 

また、35歳以上になると卵子の老化だけではなく、身体の老化も気になります。

 

妊婦健診などは小さな病院でも良いと思いますが、
お産する病院は小さな病院ではなく、何かあったらすぐに対応してくれる大きな病院で出産するのがおすすめです。

 

経産婦は何かと安心されがちですが、
妊娠中やお産の流れを経験しているということなので、染色体異常のリスクは変わらず年々高くなるということを覚えておきましょう。