35歳以上の高齢初産は危険!?危険を回避するには?

35歳以上の高齢初産は危険!?危険を回避するには?

35歳を過ぎると高齢出産扱いになり、母子ともに危険リスクが高くなっていきます。

 

危険を回避するためには、妊婦健診を定期的に欠かさず受け、
食生活の改善や規則正しい生活を心がけることが大切です。

 

毎日自分の健康管理に気を取られていると、ストレスを感じやすいので、気分転換やリフレッシュをして、
気持ちを楽に取り組んでいきましょう。

 

35歳以上の高齢初産は増えており、
今では特に珍しく感じない方は多いと思います。

 

しかし、卵子の老化は進んでいくので、35歳以上で初産を迎えると、
胎児に障害が出るリスクが高くなり、難産になりやすいと言われています。

 

30代になると精神的にも大人になり、
仕事も充実し、生活にもゆとりがでるので、出産を考える女性が増えています。

 

35歳以上の初産婦は、色々危険なリスクがあると言われていますが、
危険を回避するためには、日々の生活が大切になるので覚えておきましょう!

 

一番大切なことは、妊婦健診を欠かさず定期的に受けることです。妊婦健診をきちんとうけることで、異常を早期発見することができリスクを回避することができます。

 

そして、高齢出産の場合、妊娠糖尿病や妊娠中毒症もなりやすいので、
ひたすら予防に努めることが重要になります。

 

予防方法は、塩分控えめで低カロリー、高たんぱく質の食事、規則正しい生活を心がけ、
適度な無理のない運動や体重管理などに努めることです。

 

毎日自分自身を管理することもストレスになってきますが、
時には気分転換やリフレッシュも大切です。根詰めないように、気持ちを楽にして取り組んでいきましょう!

 

35歳以上の初産でも元気な赤ちゃんを出産している方はたくさんいるので、自分で健康管理をしてリスクを回避しながら、元気な赤ちゃんを出産できるように努めていきましょう!

 

そして、高齢出産には欠かせない葉酸サプリも毎日摂るようにして下さい。
できるだけ早く妊娠するために、妊活成分ピニトールが配合されているベジママがおすすめです!

 

ベジママはピニトール配合で妊活中にもおすすめです!