高齢の妊娠が難しい一番の理由とは?

高齢の妊娠が難しい一番の理由とは?

40代以降のの出産を一般的に高齢出産と呼びます。しかし、不妊や流産のリスクが高まる時期でもありますので難しいとも言われています。

 

なぜこのようなことが発生するかというと原因の一つに卵子の老化があるのです。老化に伴い、受精や着床が困難になってきます。

 

歳をとると卵子が減る!?

 

どんな女性であっても老化現象は避けられません。
男性の精子が毎回新しいものが作られるのに対して、女性の卵子は増えることはありません

 

この世に生まれてから体の中にある卵子が徐々に数が減少、老化していってしまいます
そのため女性は早めに妊活をスタートしてくださいといわれるわけですね。

 

女性の卵子は母親のおなかの中にいる時にすでに胎児の中にできています。その数は約700万個。
しかし、出産しておなかから出てしまうと約200万個まで減ってしまいます。
つまりは出生時には200万個持っているというわけです。

 

しかし、初潮が始まるころには30万個へと減少しています。生理が来るたびに1000個以上減っていくのです。
1回の排卵で1000個の卵子を消費するということになります。

 

そのため35歳以降になれば必然的に卵子が減っているので妊娠自体難しくなるという計算になりますね。

 

歳をとると妊娠できない!?

 

とはいっても個人差があるので絶対に35歳以降が卵子がないと決め付けるわけにもいきません

 

そのため不妊検査ではアンチミューラリアンホルモン検査(AMH検査)を行います。
これは今の時点でそのくらいの卵子があるかを調べる検査です。

 

アンチミューラリアンホルモン(別名・抗ミューラー管ホルモン)は成長過程の卵胞で作られているホルモンのことです。
卵子の数が減ればこのホルモンの値も下がります。

 

ただし、卵子の数が少ないからと言って質が悪い、絶対に妊娠できないというわけでもないのであきらめる必要はありません。
あくまでも目安という受け止め方が大事ですね。

 

 

数を把握することで今後の治療方針を決めやすいので検査を受けておくと便利でしょう。

 

数が予想以上に少ないのであれば、早い段階でタイミング法ではなく体外受精人工授精などを進めたり、排卵誘発剤を使うこともといった具合に不妊治療が変化していきます。

 

逆に数が多ければタイミング法などを進める場合もありますよ。
できれば30歳を過ぎたら念の為にこの検査は受けておくことをおすすめします。