高齢初産のダウン症リスクってどのぐらいなの?

高齢初産のダウン症リスクってどのぐらいなの?

高齢初産のダウン症のリスクは、35歳以上だと290人に1人という確率のようです。
しかし、ダウン症は年齢に関係なく誰からでも生まれてくる可能性はあり、
その確率をどう受け止めるかはそれぞれの妊婦さん次第なります。

 

出産前に、赤ちゃんの状態を検査することもできるので、心配な方は検査する方法があります。

 

「高齢出産=ダウン症」と思う方は多いようですが、
高齢出産になると、ダウン症の確立が高まるということです。

 

20代の発症率が0.1%未満なのに対し、
35歳以降は0.3%になり、40歳以上になると1%にまで上がります。

 

加齢は誰もが避けられない道で、その加齢に伴う卵子の損傷により、染色体異常を起こしてしまう可能性が高まってしまうのです。

 

日本では、1000人に1人の割合でダウン症の子供が生まれる確立になっており、
25歳では1200人に1人、35歳以上では290人に1人というように、年齢によって確立が高まり、ダウン症の約80%以上が、35歳以上の母親から生まれてくると言われています。

 

35歳以上の初産は、ダウン症のリスクが高くなると言われていますが、
年齢に関係なく誰からでも生まれてくる可能性はあり、その確率をどう受け止めるかはそれぞれの妊婦さん次第なってしまいます。

 

赤ちゃんの異常のほとんどは偶然的なもので、医療の進歩により、出産前の赤ちゃんの状態を確認することもできるようになってきました。

 

超音波診断・血清マーカー検査・羊水検査などがあります。

 

高齢出産になると、赤ちゃんへのリスクが気になります。どうしても気になる方は、このような方法で検査されてみてはいかがでしょうか?

 

医師と相談をしていきながら、安産できるように体を大事にしていきましょう!